カフェとお酒と

前回は、飲食店と縁日の関係についてお話しました。 では飲食店で縁日に代わる、簡単に効果のあるものは? と言うことについてです。




飲食店のお酒

飲食店での非日常の演出、結論から言えばお酒です。

ここでちょっと、会社のお昼休みのランチを思い出して見て下さい。
最近は、ワンコインランチなどと言うかなりお手頃の価格のものが人気だそうです。 モノによっては、メインにサラダとコーヒーが付いて500円。
更にお弁当などに至っては、500円では結構贅沢な方です。 大手弁当店でも、安いものは2百円台などと言うものもあります。

なぜお客さんはここまでシビアなのでしょうか?
 会社のお昼休みのランチなどでは、非日常などと言うものの入り込む余地は殆どありません。
むしろ対極の、日々の日常現実です。

ところが、ここで居酒屋などを思い出してみて下さい。
最初に頼んでもいないのに、ホンのちょっぴりの付き出しが出て、これだけで普通数百円です。
またおつまみや料理など1品で最低数百円です。 居酒屋などで1品2,3百円程度であれば非常に安いと感じるのではないでしょうか?
ヘタをすればお昼1食分です。 勿論、居酒屋の1品では同じ値段であっても量は比べ物にならない位の少量です。

では、その分素材を厳選したりとか、職人技が凝らされているかと言えば、当然そういう店もありますが、 冷凍食品などをバイトが温めただけといった感じのお店も沢山あります。 ヘタをすれば冷凍食品を自分て買ってきてレンジで温めた方がまだ美味しいというお店もあると思います。

お昼のランチと、居酒屋では一体何が違うのか?

飲食店のお酒は、日常を非日常へ、普段の日を縁日に変える力があるのです。

勿論、お昼のランチだけではありません。 夜の食事だって同じです。 お酒は客単価を引き上げる魔法の道具なのです。
これは単にお酒の分だけで客単価が上がる訳ではありません。 お酒を除いた料理の分だけでも随分と違っているはずです。

では次は、お酒をメニューに加えれば良いと言う訳ではないと言う事をお話したいと思います。




Produced by KeyLa e-mail: (c)2007 KeyLa, All rights reserved

飲食店開業レシピ

免責 運営